めぞん一刻QUEST❤幸せ涙

めぞん一刻の春香ちゃんみたいな子供が欲しいな ❤

百田先生の本を買った

 今日は、仕事をした後、今後のshinitai.orgのサイトの内容の参考にしようと思った本を探しに、二か所の書店に行った。その本というのは、今朝、ヤフーのトップ画面に載っていたのだが、[人生を半分あきらめて生きる(幻冬舎)]である。

 

 でも、二店共探したが、全く無かった。で、二店目の店で、では他の良さそうな本はないか?と探していたら、百田尚樹の[今こそ韓国に謝ろう]という本を見つけ、立ち読みをしてみたところ、とても面白かった。故に、買いました。1400円程度であった。

 

 まあ、高いんだけど、新書で買えば、著者に印税が入る故、少しは貢献出来たことになるから、まあ、いいや。で、この本をパラパラと読んで、本当に重要なのは、書かれている内容の重厚さというよりも、内容の面白さである、と感じた。

 

 故に、私が糞真面目に[死にたい]ということをテーマとしてサイト制作をしても、面白くなければ、誰も見ないし、たとえ見たとしても、SNS等で広めてはくれないであろう。故に、ネットという大海の底に沈みっぱなしとなるであろう。それでは苦労してサイトを制作した意味がないというものよ。[死にたい]というキーワードにて上位表示してこそ、サイト制作した甲斐があったというものよ。故に、面白さを主体とし、制作することにする。まあ、まだ、立ち読み分以外は、全然内容は読んでいない。

 

f:id:saitokenichi:20170703212003j:plain

 

 

 で、今日は、二店目に書店に行くまでの間に、狭い道路があった。そこに丁度、バスが停車していた。そしてオレンジ色の線の部分であった。で、俺の前の二台ばかりの車がバスを勢い良く追い越した。で、俺も、ほんのちょっと躊躇したが、結局、勢い良くバスを追い越した。当然、狭い道幅故、思いっきり反対車線にはみ出した。

 

 で、そのほんの少し後に、対向車が進んできた。その時は冷や汗をかいた。でも、まあ、事故するタイミングではなかった。俺の後ろの追い越したエルグランドも一緒にバスを追い越せたしな。とはいえ、やはり、危ないと思った。後でネットで調べたら、停車中のバスをオレンジ色の線の部分で追い越すのは合法らしい。しかし、やはり狭い道に停車したバスのせいで、斜め左側から侵入してくる対向車は見辛い故、今後は注意したい。

 

 で、そういうこともある故、今月の22日に受け取る予定の少ない給与の中から金を出し、ドライブレコーダーを必ず買おうと思います。とにかく、自分が悪くても、相手が悪くとも、とにかく鮮明な映像にて証拠を撮れるのだから、絶対に装着しておくべきだと思った。故に、ドライブレコーダーの装着は、新品のタイヤを購入することに、優先度にて勝る。タイヤ交換は来月末の給与を受け取った後にする。

 

 んで、その後、書店に寄った故、いつもの帰り道とは違う道に入ってしまった。で、近道しようとして、普段は入らない狭い道を進んでいった。そうしたら、とてつもなく狭い道に入り込んでしまった。で、奥まで行ったら、個人の家が左と奥と右にある、行き止まりに到着してしまった。仕方が無いので、軽自動車で何度も何度も切り返して、右と左の家の壁にぶつからないようにして、なんとか脱出できました。もしも車がステップワゴンは勿論、カローラとかヴィッツであったとしても、脱出は無理であったろう。その場合、バックで帰るしかないであろう。

 

 本当に、日本の道は狭過ぎる。マジで狭い。軽自動車でギリギリの道幅しかないのかよ!もう、こういうことがあった故、今度買う自動車も、新車のワゴンRにしようかと思った。

 

 とにかく、早く金が欲しいよ。