めぞん一刻QUEST❤幸せ涙

めぞん一刻の春香ちゃんみたいな子供が欲しいな ❤

疲れた。

 土堀は疲れるなぁ。今は本当に、土ばかり掘っている。上の層の時には、けっこう土器が出たように感じたが、今は何も出ない。ごく稀に石が出るだけだ。

 

 ひたすら、角ばったスコップで15センチ位掘り、それをオレンジ色のホームセンターで売っている落ち葉とかを入れるような道具に入れて、一杯になったらネコに入れて、土を捨てる場所まで運んで捨てる。ただひたすら、この繰り返しだ。

 

 なんか、ホリエモンと西村ひろゆきが、保育士は誰でも出来る仕事だから給与が安い、とか言っていたという。

 

 まあ、ではホリエモンとか西村ひろゆきが保育士の仕事出来るのか?と言えば、多分、子供のお守りなど出来ないであろう。とはいえ、奴らは大金持ちで、保育士の仕事なんてしなくても、自分の得意分野の仕事で大金を稼ぐ身分であるから、それでいいのだろう。

 

 う~ん、でもさぁ、まあ、誰でも出来ない仕事は高収入とか言うけどなぁ。そんなの、無理やん。元々の脳味噌の性能からして、人間、大差ありまくりやん。努力、努力と言うけれど、脳味噌の性能の時点で、天と地ほどの差があるやん。

 

 例えば、2017年4月1日に、日本のダイハツの自動車工場でこの世に誕生した、軽自動車のミラのバン(商用車)があったとする。同じ日に、イタリアのフェラーリの工場でこの世に生まれたフェラーリ488GTBがあったとする。

 

 この二台を比較すれば、努力云々では埋められぬ決定的な差があるということが判るであろう。

 

 サーキットで時速200キロを出すことなど、フェラーリ君にとっては楽勝だが、軽自動車君にとっては至難の業だ。つーか、無理でしょ。メーターが140キロまでしか刻んでないんだから。ターボもないし。

 

 見た目の格好良さも、フェラーリ君の方が圧倒的に美しい。まあ、燃費とか維持費の低さは軽自動車の方が得だけどさ。でも、ここでは脳味噌の性能の話のたとえ話なので、それらは参考にはならない。

 

 う~んね、まあ、何が言いたいのかと言えば、まあ、西村博之とか堀江貴文の言う通り、野村證券のエリート社員みたいな、誰でも出来ないような仕事に就けば高収入が約束される、ということなのでしょう。けど、元々、私の脳味噌は、そのレベルにまで行けない位の低性能だから。

 

 今までフレッツ光の営業の仕事をしても、てんでダメだったから。ゴミみたいな成績しか残せなかったから。全然勉強しても記憶に残せないのです。だから、知的労働方面の仕事は無理です。

 

 とにかく、脳の性能が低すぎる。苫米地英人並の超高性能の脳味噌が欲しいけど、現状は、多分、IQ82位しかないのではないか。それ以上に、記憶力の低さには辟易させられるよ。もっと記憶力があれば、色々な知識を吸収できるのにな。

 

 もう疲れた。寝ます。

 

 あ~、12月の給与は殆ど全てが、今まで未納だった8.9.10月の国民年金保険料の支払いと、12月分の国民年金保険料の支払いで消し飛ぶ。

 

 1月の給与は、2月21日頃に切れる自動車保険の更新料に充てなければならない。2月の給与を受け取ってからでは、空白期間が出来るからな。その数日の間に死亡事故なんか起こしてしまったら、後悔してもし切れない。保険会社は温情処置とかお情けなんて一切認めないからな。一分でも契約期間が過ぎておれば、一円も支払ってくれないからな。

 

 あと、2月に受け取る給与は、車検の間にある定期点検代に充てなければならない。つーか、中古車で買ったけど、定期点検簿なんて一切無かったから、前のオーナー達が、何時頃にブレーキフルードとかを交換したのかも分からないよ。やっぱり新車に限るよな。う~ん、難しい。新車を買う金は無いけどな。

 

 つーことで、常に金欠です。女に触れたいけど、触れられません。レジでお釣りを受け取る時に少し触れる程度しか、女との接触は無理ですね。虚しいなぁ。つーことで、終わり。