金というものは、本当に、どうなのだ・・・。

 マジで、金というものが、俺は・・・もう、本当に、なんだろうね、この金というものは。

 

 玉蹴りしているだけで莫大な金を稼ぐ奴らもいるのに。

 

 また、多大な出費が必要なイベントが発生してしまった・・・。つーか、今月分は、健康保険料とか市民税の支払いがあったのだが・・・。

 

 あ~、この、金という奴は、本当に困る。

 

 俺は金が有り余っていても、ルイヴィトンとかダンヒルとかメルセデスベンツとかロレックスとかは一切買うつもりはない。

 

 けど、基本的な出費分の金がなぁ、無いんだよなぁ。その程度の金は、不自由なく手に入る立場でいられたら、いいなぁ。

 

 マーフィーの法則によると、心の中で、理想の自分像を確信をもって想像し続ければ、それはやがて現実になる、と書かれている。

 

 でもね、現実が、常に金欠なのに、近い将来にお金に困らなくなる、なんて、常に想像し続けるというのは、もう本当に、厳しい。

 

 足の遅い人が、俺は足が速い、と想像するようなものだ。体力のない人が、体力が有り余っていると想像するようなものだ。厳しいなぁ。

 

 なんか、今さっき読んだのだが、元日本代表のサッカー選手の平山が、まだ32歳で俺よりも年下なのに、莫大な借金があるらしい。

 

 ん~、借金じゃないのかな?なんか、将来への投資として、女性向けのシェアハウスを展開しているような企業の投資話に乗ったのだが、その会社が破産してしまったらしい。

 

 なんか、割高な価格で土地とか買わされたらしく、一億円の負債なのか、よく分からないけどさ。つーか、すげえ。よくもまあ、そんな巨額のローン組めるよなぁ。

 

 なんか、破たんの影響で、家賃収益もまともに入って来なくなっているらしい。当てが外れましたね。まあ、シュートも外れたのかもしれないけどさ。

 

 つーか、バカだろ。普通に考えて、普通の32歳よりも、遥かにそれまでの収入はあったろうに。普通に貯金するだけで、相当な資産を築けていただろうになぁ。

 

 NFLのアメフト選手も、生涯収入40億円あった黒人選手がいたけど、そいつも馬鹿な投資話に乗って、素人なのに、レストラン経営の話とかに乗せられて、今ではスッカラカンの貧乏人らしい。

 

 つーか、普通に考えて、40億円そのままちょっとずつ使っていけば、一生楽して暮らせるのに。増やすつもりが、激減させてどうすんねん、小室哲哉さんも!

 

 アホだな。

 

 う~ン、でも、俺は国民年金保険料とかの、基本的な金の出費さえもない・・・つーか、今度の健康保険料、そして市民税、そして急な出費の十万円程・・・どうしよう。

 

 この世は常に金、金、金だよなぁ。金の足枷から外れた、あの世で暮らしている人達はいいよなぁ。念じるだけで瞬間移動できたり、あらゆることが出来るのだから。いいよなぁ。

 

 本当に、マジで、この世に生き続けている限り、金という柵から脱出できない。ある程度の金があれば別だが、ある程度の金が無いからなぁ。はぁ。

 

 嫌になっちゃうよ、マーフィーさん。