HIV検査に行きました。

 今日は勤務先の会議で、平の作業員の私は休みです。なので、今日もずっと朝からサイト制作作業をしており、午後九時ちょっと過ぎに、ようやく終了しました。毎日毎日、骨が折れる。

 

 まあ、骨折は一度もしたことはないけどな。つーか、俺は骨折するような危険な場所には近づかないからな。交差点を渡る時も、凄い身長だしな。左右をキョロキョロと確認してから渡るからな。

 

 

 で、途中、平塚保健所にて、HIV検査を受けて来た。12月以外は第二と第四の金曜日が検査日だったと思うが、12月のみは第二と第三が検査日だったし、今日は丁度休みなので、行きました。

 

 

 で、結果は、陰性でした。注射針を刺す時は、少し痛かったが、それだけだ。採血から40分後位に呼ばれて、医者らしき人と看護師らしき中年女性の下、預かった通知番号が記された用紙と、向こうで用意された用紙の番号が同じであることを確認してから、紙をめくりました。

 

 そうしたら、陰性と書かれていた。まあ、HIVに感染してしまうかもしれない危険な行為をしたことは、過去にあった。けど、その後にちゃんと三ヵ月以降に検査を受けて、HIVではないと確認済みであった。

 

 で、それから今回の検査までに、感染する危険な行為は一切しなかった。いや、風俗には行ったのだが、その時には、ちゃんと感染しないように配慮していた、ということだ。まあ、勿論、軽い行為であっても感染する危険性はゼロではない。しかし、感染する危険性が高い行為は一切しなかった、ということだ。

 

 で、帰り道は、久々に、嬉しい気分になりました。まあ、何か得をしたという訳ではないのだが、もしかしたら、という思いも若干あった故、その疑いが晴れたので良かった。

 

 でも、もしもあの用紙を受け取った後に、判定保留という項目に丸がされていたとしたら、その人は視界が真っ白になるであろうな。でも、他人様のことなので、どうにもできない。その人の人生はその人の人生であり、私の人生は私の人生であるので、代わってあげることも出来ないし、代わってあげる恩義も無い。

 

 

 もう怖いので、金輪際、風俗には行かない。つーか、もう五月末に行ったきり、もう半年間位、全く行ってないしな。女性に触れたのは、コンビニでお釣りを受け取った時に、その女性の素手が若干触れた程度のみである。

 

 もう、虚しいです。けど、各種の病気にかかるよりかはマシだ。

 

 でも、今、屋外の寒いところで作業しているので、手があかぎれというんですかね、ひび割れてしまいました。けど、残金が千円ちょっとしかなく、それも必要経費なので、もうドラッグストアでひび割れ対策薬を買うことも出来ません。

 

 まあ、でも、こちらは単なる何でもない症状なので、別にいいや。

 

 

 う~ん、早くサイト制作作業を仕上げて、一生出来る仕事を田舎に引っ越した後にして、早くお嫁さんを貰いたいものだ。

 

 お嫁さんとのみ子供を作る行為をすれば、HIVに感染する心配なんて一切しなくても済むし、一々バカ高い金を支払う必要もないし、幸せにもなれるという。

 

 

 う~ん、まあ、今のところは無理だ。でも、今は今、やることがあるので、仕方がない。