あと二日。

 水曜日と木曜日を出勤すれば、今年は終了だ。

 

 少しずつしか進んでいないが、仕方がない。着実に進めていくしかない。

 

 でも、仕事がある日の夜にサイト制作作業をするというのは、無理だ。辛い。一日でダブルの仕事をする訳にはいかない。

 

 

 なんか、実写版のカイジの命がけのゲームが年末特番で放送されるらしい。実際の大借金を抱える人達が出演して、一位になれば200万円が貰えるらしい。まあ、本当に命をかける訳ないけどさ。

 

 で、なんか地下アイドルのきららさんという人が出演するらしい。この人は、過去にフジテレビのザ・ノンフィクションという番組に出ており、その時は解体業をする傍ら、自腹を支払って地下アイドルとして出演していた様子を放送していた。

 

 まあ、この人は女の格好をしているけど、実は男だし、年齢も四十代なのだが。だから、別に本気のファンがいる訳ではないのだが。

 

 で、借金が550万円あるらしい。ノンフィクションの放映時よりも百万円位増えているような気がする。

 

 なんか、知人に騙されて、借金を背負ったらしい。まあ、その他にも色々と使ったとか紹介されていたような。

 

 で、今までは日給7000円の解体業のアルバイトをしていたが、腕を骨折してしまい、入院した後に退院したのだが、片腕のみしか使えなくなったらしく、今度は日給が5000円に下がったらしい。

 

 で、なんか今は、チラシ配りの3000円のバイトをしているとかなんとか。食事は家畜用のくず米を食べていたけど、放送後、支援者から白米とか送られてきたらしい。

 

 なんかなぁ、とっとと自己破産すればいいのに。絶対に550万円の借金なんて完済できる訳ないやん。芸能人として売れる訳でもないのに。

 

 自己破産すりゃいいやん。だって、別に誰か連帯保証人を立てている訳でもないんだからさ。維持張って返し続けなくてもなぁ。資産なんて全く無いんだから。

 

 んで、か弱いのなら、解体業とかやらなきゃよかったのに。弱い肉体のくせに、適性の無い仕事、力仕事なんて続けていたから、落下して骨折したんだしさ。

 

 なんか、傍から見ていると、色々と痛いなぁ。もっと楽に生きられると思うのだが。とにかく早めに自己破産して、それから暫くは生活保護を受給すればいいのに。

 

 だって、腕が粉砕骨折してしまった後、ろくな治療をしていないらしいし・・・。なのに、TBSのテレビマンの誘いに乗って、あんなカイジの出演者になんてなってさ。

 

 単なる色物ネタの人物はどこかにいないかなぁ~、と探し回っていたテレビマンに声を掛けられただけだろうに。どうせ日給一万円とか、或いは五千円とかで、交通費は無しとかいう条件なんだろうなぁ。

 

 俺は、サイト制作作業が完成した後は、もう普通の自営業をずっと死ぬまでやっていきたいと思っている。もうフラフラとフリーターみたいなことはしない。もう、今の遺跡発掘の仕事の次は、一生出来る仕事にしか就かない。また期間工みたいな仕事なんて就かないから。

 

 人生は残り時間を数えると、恐ろしいな。あと、たったの24回だけ春が来れば、もう還暦だからな。早く行動せねばならない。子孫を残さねば。