今日も疲れた。

 今日も、仕事をしました。時間の流れがとても長かった。サイト制作をしている間は、とっても素早く時間が流れる気がするのだが。

 

 今日のアドセンスの収益は、現時点まで数十円です。昨日は数円です。しょぼいが、アクセス数が少ないので、しょうがない。

 

 これからブレーキングバッドシーズン5を見ながら、食事をして、その後はもう、何もする気は起きないよ。

 

 ガボール・アイという視力回復訓練の本を使って少々訓練する程度だな。

 

 ブレーキングバッドのウォルター・ホワイトは、最初の頃は、違法なお薬の製造に、とてもビビっていたし、罪悪感も持っていたと思うのだが、今観ているシーズン5では、もう、堂々と悪事をしている悪党に変貌しているな。

 

 まあ、現実でも、悪事というのは、そうだろうなぁ。詐欺とか騙す奴らも、最初の頃は罪悪感があったかもしれないが、どんどん大金が入ってくると、罪悪感もいつしか金銭欲に押し潰されてしまうのだろう。

 

 う~ん、ウォルター・ホワイトが、たったの一回のお薬の製造で、分け前が3200万円位、目の前のテーブルに積み上げられているシーンを見た。

 

 まあ、マイクという販売を管理する爺と、助手のジェシーも同じ取り分なのだが。で、色々な経費を引かれて、最終的に残った取り分が1200万円位であった。

 

 たったの一週間に一度、八時間以内のお仕事で、1200万円も取れるのだから、万々歳だと思うのだが、その時点でのウォルター・ホワイトは、もう常識人だった頃の感覚は失われていた。こんなに貰えるの?という感覚ではなく、なんでそんなに分け前をあげなきゃならないんだ!?という怒りが相当ありました。

 

 まあ、俺は神奈川県警に逮捕されるような可能性のある仕事はやらないが、ドラマの中とはいえ、そして円ではなくドルとはいえ、山積みにされた札束を見て、ああ、俺は一週間必死に働いて、その一つの札束分さえ全く稼げないと、しみじみ思います。

 

 だが、まだ諦めたくはない。人生、諦めてはいない。九州とか山口県とか、今まで一度も行ったことはないし。島根県は出雲大社に参拝する為に最短距離の一般道を通っただけだし。なので、実質、島根県を見て回ったという感覚は無い。

 

 俺は数か月間くらい、この愛する日本国を車で色々見て回りたい。宿泊は民宿とか東横インとかでいいから。はぁ。でも、とにかく金なんだよなぁ。この世は何でも金なんだよなぁ。

 

 なんか、左耳の調子がおかしいなぁ。聞こえ辛いというか、なんか違和感がある。でも、金もないしなぁ。所詮、病院も金がなけりゃかかれない。

 

 貧乏だったウォルター・ホワイトが金の亡者に変貌した気持ちも分かりますよ。まあ、悪事に手を染めたくはないけどな。あんな、球蹴りしているだけで超大金を稼げる身分の奴らにはこの気持ちは分からないだろうが。

 

 まだ諦めたくはない。どうにかするよ。アドセンスの収益で一日一万円稼ぎたい!