日月神示 さいとうけんいち訳に入りました。

 今日は、ケーズデンキに行った。

 

 ウェアラブルカメラを見に行きました。で、ソニーのAS300Rで気付いたのだが、あれは、帽子の横に付ける器具が売っていた。

 

 しかし、その場合、左右どちらかに装着せねばならないので、顔の中央からの視線ではなくなると思う。

 

 一方、GOPROというメーカーのは、ヘッドギアみたいなものを装着して、その中央に、洞窟探検の時に頭部につけるヘッドライトみたいな感じで、額に装着可能な道具があった。

 

 ただ、どうしよう。値段は安物もあるけど、そっちはどうなのだろうか。ブレ補正とかの性能は。一応、ユーチューブの動画を見てはいるものの。

 

 う~ん、やっぱり、ソニーの方がいいのか、GOPROの方がいいのか。悩む。でも、金はないので、ちょっと、迷う。無理して今度の給与で買うか、それとも、先延ばしにするか。

 

 一応、アマゾン欲しいものリストにはソニーのAS300Rがありますので、誰か買ってください。

 

 で、今日は、さいとうけんいち訳の日月神示に入りました。

 

 日月神示は上巻と下巻があり、合わせて700ページ位ある。で、今日は、10ページ程度しか進められなかった。単純計算で70日の休みが必要となる。それは不可能だ。

 

 なんとか二か月以内に訳を完成させたいのだが。アア、ツライ。