めぞん一刻QUEST❤ 幸せ涙

齋藤健一の人生応援ブログ💙

静岡県の清水市の柿田川公園に行きました①

 これは車を運転して、自力で静岡県の清水市の柿田川公園に行った時の記録です。

 

 まあ、駐車は近くのショッピングモールの駐車場に停めたけど。何か買ったので、いいだろ。

 

 自由自在に体が動くことの有難さを知れ!

 

 自分の脚で階段を上り下り可能なことは、実はとんでもない利益である。

 

 勿論、最近ではショッピングセンターとかは車椅子対応が為されている。が、やはり自然の中のこういった場所は、どうしても段差がある。そこを車椅子で上下移動というのは、ちと無理だ。だから誰かに抱えてもらわねばならない。

 

 だが、果たして、それが可能なのだろうか?てか、下手したら抱えている健常者の方がフラついてどこかに頭を強打してとか腰を強打して、そいつも障害者になってしまうかもしれない。

 

 だから、健常者じゃないと、ここには行けないよな。

 

 

 公園内から外の道路を撮影した様子。続々と通過する車は、それぞれのドライバーが自力で運転しているのだ。まだ完全な自動運転車は登場していないからな。

 

 

 自分の手脚で手すりを掴んだり、階段を上り下りして移動可能なことは、とってもありがたいことだ。

 

 

 

 綺麗だが、多分、ここには下りられない。上の展望所みたいな場所から眺めているだけ。

 

 

 まあ、ここなら車椅子でも進めるけど、ここに来るまでに段差があるからな。

 

 

 

 綺麗だが、上の木の歩道から撮影しているので、下には下りられないよ。

 

 

 奥に見える小さな段差でさえ、車椅子だと厳しい。

 

 まあ、たとえ通過出来たとしても、その先の通路のやや真ん中から生えている樹木があるので、そもそも車椅子では通過出来ないだろうな。

 

 自分の意思で自由に左に行くか、右に行くか決められるのも、五体満足があってこそだ。だから今ある肉体を失うなよ。

 

 まあ、片腕がない程度なら、どちらにも行けるけどさ。

 

 

 

 

 本当に肉体は大切にしろよ。

 

 この場所は、街から遠く離れた場所にある訳ではなく、街中にある。

 

 だが、この程度の場所でも車椅子だと、進めるのは上の方の広場の部分だけだ。

 

 下の方に進むには、やはり階段を自力で降りられる脚が必要なのさ。