めぞん一刻QUEST❤ 幸せ涙

齋藤健一の人生応援ブログ💙

手紙〔性病〕

 性病は本当に怖いよな。

 

 クラミジアとか淋病も怖いけどさ。まあ、でも再発はしないからな。再発する性病や、一度感染したら二度と完治しない性病の方が、やはり怖いよな。

 

 

 俺が過去に感染した性病は、咽頭淋病と、尖圭コンジローマだ。咽頭淋病は通信の検査キットで判明したので近所の耳鼻咽喉科に行ったらドン引きされたが。でも何とか治った。

 

 あとは尖圭コンジローマは、俺が29歳頃の時、包茎手術をする為に横浜駅前のエストクリニックに行ったら、小平先生が俺の陰茎を見て、小さな突起みたいなのを発見して、これ尖圭コンジローマじゃないか?となって、そう診断されました。

 

 で、包茎手術と同時に切除というか手術しました。で、それ以降は再発していない。が、再発するかもしれないよね。

 

 

 欲望と直結しているからな、性欲というのは。まあ、性欲の薄い人にとっては縁遠い病気かもしれないが。

 

 でも俺みたいに性欲旺盛な人にとっては性病は恐ろしい存在だ。

 

 

 俺は性器ヘルペスが怖いんだよなあ。感染しても無症状のままの状態が続くケースもあるらしいので、もしかしたら俺も既に感染済みなのかもしれない。

 

 が、今迄は特に性器ヘルペスの症状が出現した記憶はない。だから多分、まだ感染していないと思うんだよなあ。

 

 

 梅毒も物凄く流行っているよな。もう全国で2023年に判明した人だけで15000人位だっけ?

 

 でも感染済みなのに気付かずに平気で風俗とか行きまくっている奴もいるんだよな。恐ろしい。検査もどうせ面倒くさがって行かないんだろうなあ。

 

 

 この前、ハローワークの受付の所に、半袖半ズボンの小太りの男がいて、思いっきり腕や脚に梅毒のバラ疹の症状が出ていたぞ。

 

 ちゃんと治療しているのかな?薬を飲んで治療中ならいいけど、もしかして放っているのではなかろうな?

 

 

 性病は容易に他人に移るからな。皮膚の接触だけで、しかも症状が出ていない時でも性器ヘルペスは移るからな。

 

 ああ、俺も別に浮気性ではないのだが。相手がいれば、その相手だけと性行為をする自信はあるのだが。でも、相手がいないんだよな。

 

 だから風俗に行く危険性が発生する。が、俺は性病に感染したくはないので、自分自身に風俗に行く金を与えていない。毎月の生活費ギリギリしか与えていない。なぜなら自分で自分を制御することは困難だからだ。

 

 

 てか、エボラ出血熱だったら危険なので即、報告なのだが、性病の場合、恥ずかしいという感情もあるし、死に直結するものでもないので、例えばとある風俗嬢から感染したとして、そのことをその風俗嬢や風俗店に報告し辛いよな。

 

 報告しても、店から「あなたがうちの〇〇ちゃんに感染させたんじゃないの?」とか言われるかもしれない。だからみんな言い辛いんだよな。で、どんどん広まっていくと。

 

 まあ、俺も粘膜同士の接触は危険だと分かっていたが、つい目の前に素敵な女性がいたら、それらのことも覚えてはいるものの、ついつい欲に負けて危険な性行為をしてしまった、ということが多々あった。

 

 まあ、幸いにも、その時には深刻な性病には感染しなかったが。だが、それはロシアンルーレットである。やはり駄目だな。

 

 

 世の中には可哀想な人もいる。二十歳そこそこの男子が、どうしても性交したくてパパ活をしている女性を買って、しかも初めての性行為で生でしてしまい、その最初の性交でHIVに感染してしまった事例もあるという。

 

 本当に可哀想だと思います。が、それだけ生は危険なのです。

 

 

 何らかの症状が性器等に出ても、面倒くさがったり、或いは単なるニキビだと思い込んで、医者に診てもらわないアホが一定数いるせいで、どんどん性病は広まっていくのだ。

 

 残念ですねえ。そいつらがきっちりと治療してくれればいいのに。

 

 

 治療しても、途中で治療を勝手に切り上げてしまうバカがいるからな。ちゃんと医師の指示通りに最後まで治療しろよな。

 

 別に仕事を休まなくとも、薬を飲み続けるだけでいいのに。

 

 

 男なら分かると思うが、性欲を発散する前の段階と、性欲を発散した後の段階では、別人格では?と疑う程に違うからな。

 

 要するに、性欲に支配されている状態の自分をいかに抑えるかがカギですな。

 

 

 自分を律することが出来る人は強いよな。

 

 HIVに感染してから自分を律することが出来るようになっても、ちと手遅れだが。まあ、それでも他人に移さないだけマシか。

 

 

 冷静になって考えればどれだけヤバいかが分かるだろう。

 

 多数の赤の他人の男が、一人の女性と生で性交し続けるということが。粘膜同士の接触をしまくるということが。だが欲望に負けて、過去の俺や、今現在も多くの男が生で風俗嬢と性交しているのだ。

 

 まあ、俺はそのせいで尖圭コンジローマになったが。でもHIVにならなくて本当に良かった。だが、ただ単に運が良かっただけだ。

 

 もう、性欲だけが、自分では律することが出来ない。

 

 物欲なんかはもう囚われることもないのになあ。BMWがどうしても欲しいなんていう欲望はこれっぽっちもない。そもそもノーズが長い車はもう欲しくはない。

 

 だけど性欲だけは、今はもう42歳だが、相変わらず凄いんだよなあ。はああ。

 

 

 年齢を重ねれば性欲が衰える人も多数いるらしいが、俺はまだまだ衰えないんだよなあ。

 

 だから放置してもよい段階ではない。気持ちを緩めたら、また危険な性行為に走ってしまう。だから今の俺は、自分で自分に金は与えない。もしも金を与えたら、また風俗に行ってしまうからな。

 

 

 外国人からもたらされた部分もあるが、日本人同士での危険な性的接触のせいで梅毒が感染爆発しているという部分もある。

 

 一度でも梅毒に感染すると、一生梅毒の抗体持ちになるからな。検査毎に判明してしまう。また献血は不可能となる。一生な。

 

 

 魅力的な見た目の女性でも、やはり危険なので、不特定多数との性的接触は避けましょう。

 

 とはいうものの、やはり自制がいかに難しいか。はあ。

 

 てか、俺は性器ヘルペスが怖い。一型よりも二型の方が怖い。

 

 だって毎月のように再発を繰り返す人もいるらしいしな。水泡が出来て潰れて潰瘍になってかさぶたになって治癒するを繰り返すって、はあ。

 

 なので、俺がもう風俗に行かない理由は、殆どが性器ヘルペスが怖いという理由だ。

 

 再発抑制療法というのもあるが、そもそも感染していなければ余計な出費もしなくて済むんだからな。はあ。

 

 もしもこの世に性器ヘルペスがなければ、俺は今でも風俗に行ってしまっていただろうなあ。梅毒程度では抑えられなかったろう。はあ。献血できなくなってもいいやとか、一生抗体が出来てもいいやとか、思っちゃっていただろうからなあ。