長かった。

 今日も一日が長かった。中々終わりませんでした。けど、作業自体は単調だったので、仕事中は、別に仕事のことを考えていました。つまり本業のサイト制作のことです。

 

 今、というか昨日の夜に、ストライキングリーという、一ページしかないサイトを作れるサイトを簡単に作れるのの無料版を試しにやってみた。

 

 まだ解約していないけど、解約しようかな。確かに簡単に作れるのだが、そこまで俺はサイト制作が出来ない訳ではないしなぁ。つーか、簡単に作れる代わりに、なんか、前もって用意してある部分をあまりいじくれないみたいなんだよな。

 

 で、アフィリエイトのhtmlの部分を追加しようとしたら、この部分をいじくるにはお金を出して有料プランを契約しないと無理ですと表示されるし。じゃあ、金を出してから、やっぱりこれは嫌だと思ったら、ヤバいじゃん。損するじゃん。

 

 なので、やっぱり、今まで通り、ワードプレスで作ろうかな。でも、今契約しているフトカレンタルサーバーのプランは、サブドメイン含めて、限界の60個までサイトを作ってしまっているしなぁ。

 

 ロリポブログなら5個まで安い価格で作れるけどさ、今、悩み中です。つーか、やっぱり、とにかく、今は日月神示 さいとうけんいち訳の作業があるし、色々悩んだとしても、その発案を具現化させる為の資金及び時間がないんだけどな。

 

 う~ン、旧約聖書で、ダビデだっけ、違ったっけ、なんか、牧畜の仕事を数年やったら結婚させてくれるとか約束したけど、なんかもっと実際にはかかった、延々続くのではないかとか思った男がいたような。ヨブ記とかはけっこうハッキリ覚えているのですが、もう、その他の部分の旧約聖書の物語は、もう大部分忘れてしまいました。

 

 まあね、日月神示の仕事は、まあ、あと二か月後位には終わるかもしれないが。

 

 とにかく、ワードプレスで作るとなると、エックスサーバーとかを月額千円で借りねばならないだろうな。フトカレンタルサーバーはあくまでもアダルトやグロがOKだから借りたんだよなぁ。で、今度やろうとしているのは、単純なアフィリサイトとかだから、別にグロとかエロとかは無関係だ。なので、もっと料金が安いところにしようかなぁ~と思い中。

 

 で、フトカレンタルサーバーの転送量が今契約中のプランの限界を越えたら、それよりも上のプランに切り替える。その時には、もっとサイトを作れるようになるので、そうなったら、サイト移動プラグインを使って、エックスサーバーからフトカレンタルサーバーにサイトデータを移築すれば、一つのレンタルサーバーの料金だけで済む。

 

 まあ、脳内で色々考えられますけど、それを実行する時間が無いのです。マジで。もどかしいですね。

 

 ちなみに、今日のアドセンスの収益は、ギリギリ、ベビースターラーメンを買えない位だな。もっと月の収益が50万円とか行きたいです。

 

 う~ん、どうしても、食欲に関するサイトを作りたいんだよな。自殺防止の観点から、絶対に食欲関連は有用だと思うのだ。アフィリで、単にバナーを貼るだけでは誰も買ってくれないので、しょうがないから、俺が実際にそのアフィリのお店の商品を買って、写真とか載せて解説するっていう風にしないと駄目だな。

 

 その為には、やはり、資金が必要なのであった。まあ、アフィリ以外にも、平塚駅前のポンパドールというパン屋のパンコンプリートとか、ららぽーと平塚内にあるカールスジュニアのメニューコンプリートとかな。それにはアドセンス広告を貼れば、年間で通してみれば、一つのサイトにつき二万円位儲かるかもしれない。そうすれば、二つのテーマのサイトがあれば合計四万円だよな。あと、湘南ashiというケーキ屋のケーキコンプリートとかな。

 

 まあ、これも結局、色々と思い浮かんでも、やる時間と資金がないからなぁ。もどかしいなぁ。まあ、でも、やりますよ。とにかく、金を稼がなければならない。勿論、自殺防止サイトと交通事故防止サイトの制作も大事なのだが、それ以上に、それに付随して俺が金儲けをすることの方が大事だ。

 

 つーか、自殺防止サイト内に借金問題解決のアフィリサイトへ誘導するバナーを貼って、そのサイト内で、借金問題を解決する法律事務所のアフィリバナーを貼りたい。そうすれば、借金問題で死にたがっている人も助かるし、俺も金儲けが出来て助かる。同様に、交通事故防止サイト内には、ネット型自動車保険比較検討サイトへのバナーを貼り、その先のサイトには、自動車保険一斉資料請求可能なアフィリバナーを貼ると。そうすれば、無保険で走行している奴に自動車保険に加入させる気を起こさせて、俺も金が儲かると。とにかく、どちらもハッピーになる方式じゃなきゃ、駄目だ。

 

 俺だけがいつまでも貧乏なまま奉仕するだけという仕組みは、疲れるし、いつか必ず破綻する。俺も金を儲けなければならないのだ。その為にも、金儲け可能な仕組みは構築して組み込むつもりだ。