昨日の事。

 昨日は帰宅時間が遅かったので、ブログを書く時間的な余裕がなかったので、今日、書く。

 

 昨日の朝は割と早く起きたが、頭がなんかどんよりとしていた。でも、まあ、普通に運転可能な位だったが。

 

 まあ、前日に池袋の飯塚幸三の事故現場まで行ってな、それでそこで撮影したのが午後五時頃で、それから遠く離れた駐車場所まで歩いて行って、それから下道をずっと通って帰宅したからな。帰宅時間はたしか午後十時頃になってしまった。

 

 んで、昨日起きて、今日一日どうしようかと悩んだ。疲れているが、一日を無駄にはしたくはない。なので、午前中は色々な神社を検索したり、金運の。あと、泉を撮影しようかなと、泉関係の検索したり。箱根の辺りに小さな池を訪問した記憶があるのだが、その正確な場所を覚えていなかったので、グーグルマップで検索したものの、分からず、断念した。まあ、断念して良かったが。

 

 あと、日立市だっけ、そこにある泉神社の池が美しいということで、そこまで行こうかなと思ったが、片道のETC料金が5000円位掛かるので、断念。まあ、色々と考えた結果、埼玉県秩父市にある聖神社に行くことにした。

 

 で、ネカフェで動画をアップロードする作業があって、それが終わってから出発したので、もう午後二時頃になっていた。でも、この遅さが逆に良かった。

 

 でも、ずっと下道だと午後七時頃になってしまうし、ずっと有料道路でも利用料が3000円位片道取られてしまうので、半分有料道路、半分下道のナビの案内経路にした。なので、有料道路1500円位、残りは下道でした。

 

 でも、下道が、途中、ナビの渋滞考慮ルートとかいう案内に従い、新ルートにしたら、逆に道を間違えた。つーか、斜め左とか案内されるけど、それで間違えて左の道に入ったのかな。斜め左とか言われて、まあ、たしかに斜め方向の左側なのだが、それは斜め左じゃなくて、ストレートの案内でいいんちゃう?と思った。どうしても左という言葉が付くと、左折しちゃうんだよな。帰り道でも、別の道で、斜め右折と表示されていたが、厚木辺りかな、なんかすげー分かり辛いわ。進入禁止の方に一瞬行ってしまいそうになったわ。

 

 んで、途中、すげー狭い山道を通った。まあ、慎重な性格だから無事でしたが。

 

 で、聖神社に到着したのは、たしか午後五時半位だったかな。で、当初は聖神社の境内で撮影しようかなと思っていた。しかし、もう店じまいみたいに、社務所の管理人みたいな人達が二人いて、もう閉じたり色々としており、また、他にも参拝客がいて、とてもじゃないが、そんな所で大声を出して寄付を訴える動画を撮影することは不可能なので、普通に参拝するだけで終えた。

 

 んで、駐車場が無かったので、聖神社の駐車場に停めて、近くにある、徒歩10分程度の所にある和同開珎製造の為の銅を採掘していた遺跡現場に行った。ちゃんと車は聖神社の駐車場に停めていいか、そこにいた管理人さんに訊いたし。で、OK貰ったし。まあ、これが午後二時とかなら、次から次へ参拝客が来たかもしれないので、NGだったかもしれないが。だって、駐車スペース五台分位しかなかったし。でも、もう既に午後五時半以降だったので、これから参拝客がわんさか来る時間帯ではないので、そこに停めてもいいという判断でしょう。つーか、他に、近くにコインパーキングなんて全く無いし。なので、午後二時とかに到着するのではなく、この時間帯が絶妙だった。

 

 んで、そこに遺跡発掘現場に行った。つーか、そこは沢でした。まあ、でっかい和同開珎の彫刻みたいなものがあったが。で、先客で子連れの親子がいたので、その時は動画撮影出来なかった。なので、そのまま沢の先まで行った。で、ミニ滝があり、その横に小さな沢の流れがあり、そっちに行って、そこで撮影開始しようかなと思ったけど、沢を流れる水の音が五月蠅かった。つーか、ゴミとかも落ちていたし。だから、暫くそこに留まり、親子連れがいなくなったのを見計らって、再度、元の彫刻の場所に戻った。

 

 で、そこから撮影開始した。で、説明文を読んで、その後、上の方にある銅の採掘現場に行き、そこでひたすら寄付を訴える動画を撮影しました。それは時間にして一時間位だな。で、真っ暗の一歩手前になってから、漸くその場を立ち去りました。

 

 その後、帰り道は、なんかずっと下道を通る方が良いと思った。そう直感が働いた。なので、ナビで下道ルートを設定し、帰宅した。まあ、帰宅ルートも、来た時と同様に半分有料ルートにしていたとしたら、あの真っ暗闇の街灯が全くない極狭山道をずっと走って有料道路の入り口に達しなければならなかったかもしれない。正丸トンネルとかいう手前の道を右折だったかな。

 

 でも、行きはまだ明るかったので、なんとかあの狭い山道も通って来られたが、真っ暗闇の夜間にあの山道は無理だったろうから、こっちで良かった。ナビはそういう面は考慮してくれないからな。まあ、最新式の高級ナビはそういう部分を考慮してくれるのかもしれないが。俺のは中古車に元からついていた安物ナビだからな。しかも数年間地図データ更新してないしな。金が無いから。

 

 で、まあ、なんとか無事に帰宅出来ました。途中で、やはりナビの案内で、斜め右とかいうのを間違えて右折してしまって、しょうがなくそのまま進んで、ミニストップに駐車した。そうしたら、金髪の日本人のギャルが彼氏といた。

 

 そのギャルが通った後の店内の通路を通ったら、まあ、良い匂いがした。つーか、俺はBMWとかロレックスとかはどーでもいいねん。そんな、白人共が金儲けの為にアジア人を洗脳しただけの、高い金を搾取する媒体はどーでもいいねん。中古の、誰が所有していたか不明なルイヴィトンの中古のバッグが山積みにされていて、それに群がる中国人の姿を、前、テレビで見たが、アホだと思いました。なんで以前の持ち主が気持ち悪いババアとか醜悪で邪悪なおっさんが所持していたかもしれない中古品なのに、そんな、六万円も八万円も一つのルイヴィトンのバッグに出して買うねん。しかも本国の知り合いとか家族に電話で連絡を取り合って、どれがいいとかきーとるし。

 

 それなら、普通の6800円位のバッグが平塚のオリンピックに売っているから、それでいいやん。それなら他人の手あかがついてないし、他人の念も付着していないので、新品だからな。アホなの?と思う位、ブランド物なんてどーでもよい。腕時計もチープカシオのデジタルのでいい。

 

 う~ん、でも、女だけは、良い女がいいなぁ。若いギャルがいいなぁ。ギャルちゃん。毎日あんなことしたいなぁ。つーか、クレオパトラとかカエサルとかの時代にはルイヴィトンとかロレックスとかBMWなんて無かったんだから、必然的に、カエサルもクレオパトラもBMWなんて欲しがってなかったし。だから、人工的に欲しいと思わされているだけだということですね、幼少期からの刷り込みによって。

 

 でも、女はマジで良い女がいいなぁ。フィギュアのコレクションみたいに、ズラーっと色々な女を揃えるなんてことは無理です。だから、一人だけなのだが。ああ、木村花という可愛い22歳のプロレスラーが、SNS経由の誹謗中傷で自殺してしまいましたが。凄い勿体ない。俺と結婚して欲しかったなぁ。すげーかわいいのに。健康的な体だし。なんでそんな、見ず知らずの赤の他人のSNS経由の攻撃で自死を選択するのか。アホらしい。それで精神的なダメージを受けるのならば、過去の俺みたいに、ブログのコメント欄をコメントできないような設定にすればいいのに。ツイッターとかインスタグラムも、赤の他人から書き込み不可能に設定して、一方的に発信するだけにすればいいのに。コメント欄経由で精神的なダメージを受けてしまうのならば、そもそもその設定をするなってばよ。

 

 ああ、ギャルちゃんが欲しい。白人共が人工的に欲しいと思わせる工作をしたBMWとかはどーでもいいから、ギャルちゃんがいい。つーか、BMWなんて、プラスチックと鋼鉄なので固いし。シートは一応軟らかいけど、俺は車のシートを触っても、女性のお尻みたいに興奮なんてしねーぞ。

 

 ギャル・ギャル、ギャル、ギャル。ギャルちゃん欲しい。マジでギャルちゃん。ロレックスは不要だから、ギャルちゃん欲しい。ぺろぺろ。