今日も普通だった。

 今日も至って普通だった。

 

 ただ、遺跡発掘現場で、灰色のカエルがいた。雨蛙。

 

 で、いつも捕まえて、水辺に逃がしている。で、こいつも同様に逃がそうとした。

 

 でも、職場の近くにはそのような場所はないので、いつも自宅近くまで車で帰宅途中に、水辺があるので、そこに放している。

 

 でも、今日は、もう遅いし、そのまま持ち帰って来た。

 

 本当は駄目ならしいが、カルキ抜きされていない水で洗ったら、右の後ろ脚が、潰れていた。なので、もう壊死というか、完全に黒い塊になっている部位だけハサミで切った。

 

 つーか、別に潰れているといっても、ジャンプは遜色なく飛べる。普通のカエルと同様。

 

 で、飼おうかなと思ったけど、けっこう悩んで、やはり放そうと思った。で、玄関のドアを開けた瞬間に、ピョンと飛んだ。俺は見失った。で、この時に、扉が開いていて、外に出たのか、内側に飛んだのか、分からなかった。

 

 暗かったから。で、懐中電灯を持ってきて、灯りを照らして見つけたら、扉の内側、つまり家の中にいたので、今日は放すのは止めた。

 

 一応、木の箱の中に、空気穴を開けたラップを巻いて、そこに入れている。

 

 明日、疲れ果てていなければ、熱帯魚のいるホームセンターに行って、何か見つけようかな。

 

 つーか、普通の雨蛙色ではなく、灰色というか、少し金色みたいな色も混ざっているので、もしかしたら、金運がアップするかもしれないと思った。けど、この前の、車のドアミラー【運転席側の】から雨蛙が、走行し出してから30分以上経過してから出てきたけど、特にその後、何も金運アップなんて無かったという事件もあったが故に、あまり、この蛙がいるが故に金運アップするということは、信用していない。

 

 ああ、辛い。つーか、近視の進行を止めるには、一日二時間以上、外で太陽の光を目に浴びるのがいいらしい。そうすることにより、目の中に、近視の進行を抑える物質が分泌されるらしい。

 

 俺は紫外線対策ばかりに気を取られて、午前中から作業終了まで、ずっと紫外線カットのサングラスばかりかけていた。なので、今日は午前中はサングラスをかけずに、午後からはサングラスをかけるようにした。

 

 はぁ、視力って、マジで、瞬時に両目とも1.5に回復するような、そんな強靭な器官ならいいのに。弱すぎだろう。縄文時代の暮らしじゃないんだよ。現代の暮らしは。マジで、眼球も現代の暮らしに合わせて急激に進化して欲しいよ。